アイデアマラソンとは


毎日たった15分から30分、自分の考えを書き続けるという具体的思考のトレーニングです。拡散的思考を中心に収束的思考まで幅広い思考が身に付きます。
アイデアマラソンで創造性が高まることは、米国で歴史のあるTTCT(トーランス創造性思考テスト)結果でも実証されています。
方法はシンプル。下記のルールに従って一冊のノートに発想を継続的に書き続けていきます。
アイデアマラソンは分野や領域を決めません。書き残す方法も、ほとんど自由ですので、どれだけ何を記録するかは、実行する個人が、自分で決めて、自分で継続していくものです。
継続がなかなか難しい、というあなたの為に、毎週のメールサポートもご用意しています。ガイドとなる本も多数出版しています。
さあ、あなたも今日からアイデアマラソンを始めてみましょう。



■必要なもの
用意するものは、常に携帯しておく、たった一冊のノート。
A5版、20穴のファイルノートが最適。

■アイデアマラソンのルール
1.一冊のノートを常に携帯し、連続する人生ノートにする。
2.毎日、最低1個の自分で発想を思いつく。
 内容はどんなことでもよい。
3.それを直ちにノートに、シンプルに記述する。

記述方法は (本日の発想ナンバー)(日付)(発想連番)(発想カテゴリ)(±)
例)@2014年1月1日(水) (001)(プラン)(±0)
 ※±カウントは本日の発想2個目で+1となる

⇒さらに質を高めるには
できるだけ絵を入れる。
発想をパソコンのデータに入れる。
書き終わった発想を、同僚、友達、家族に話す。

アイデアマラソン研修


■大人向け

●内定者研修
発想の即戦力として活躍できる人材を育成するため、入社前にアイデアマラソンをマスターすることを目的としています。
入社前の約4か月間の研修を行います。スタイルは講義とメールサポート。

●企業研修
発想を増やし、制限を打ち破って創造的に仕事に取り組める人材を育成するため、3カ月〜6ヶ月間の研修を行います。
スタイルは講義とメールサポート。

実績:ダイキン、アサヒビール、ジャパネットたかた、セキ薬品(ドラッグストア)、その他IT関連、電機メーカー等多数


■子ども向け

●めだかアイデアマラソン
幼稚園・保育園の年長組(5歳児)向けの描画版アイデアマラソン。毎日15分間ノートに絵を描く習慣づけに加え、物の観察力、集中力の向上を目的としています。
当社でセレクトした描画用オブジェクトセット(約70種類)とオリジナルノート、先生向けの丁寧なマニュアルをご用意しています。
北海道、東京、宮城、大阪、高知と全国的に導入している園が増えています。

●どるふぃんアイデアマラソン
めだかアイデアマラソンの続きとして、ご要望のあった園にご紹介しているプログラムです。絵とシンプルな文章で発想を綴っていきます。毎日の課題とオリジナルノートを当社でご用意しています。
●キッズアイデアマラソン
小学校低学年(1年生〜3年生)向けのアイデアマラソン。文章に絵を付随させる方法で発想を綴っていきます。想像力を自由に豊かに伸ばすような毎日の課題とオリジナルノートをご用意しています。

※どるふぃん、キッズはそれぞれ、年齢に合わせ、難易度にステップを作ってありますので、段階的に発想力・思考力を伸ばしていくことができます。
課題には季節物や保護者と共に取り組むものなどバリエーション豊かに作ってありますので、先生や保護者とのコミュニケ―ションが増え、健やかな発達を促すと喜びの声が寄せられています。

アイデアマラソンQ&A


こちら(別ページが開きます)をご覧ください。